1. >
  2. 計画性がない

計画性がない

急にお金が必要になり、友人3人から一時的に10万円ずつかりました。一ヶ月の間だけとの期間限定でしたが、とても後ろめたくなり借りた友人と上手く話ができなかったような気がします。

また、お金を借りているにも関わらず、飲みに出かけたり遊びに出かけたりする事はしてはいけないと、外出も控えて過ごすようになり、気持ちも塞ぎ込んでいたように感じます。

何をするにも、借りているお金の事が頭を離れず、眠る事もできませんでした。

お金を借りることはあまりよくないと思う。

私の親は私が子どものころに家で商売をしていました。汚い借家に住んでいましたが、父親はお金を借りたことがない

ことが唯一の自慢だといっていました。

そのことを聞いて育ちましたので、友人でもお金の貸し借りはしたことがありませんでした。

お金を借りることはいいことではないと思っていたからです。

でもOLのときに先輩に彼氏と旅行に行くからお金を貸して欲しいといわれて断ってしまって、会社ではけちな社員だと

言われてしまっていました。

恥ずかしい、でも借りないと困る、みじめ

自分への投資の為に、親にお金をかりました。

毎月こつこつと返していますが、あの時に借りたからこそ、今があると思っています。

お金がないからとあきらめていては、前には進めませんでした。

自分の決断に良かったと思えます。

思い切って貸してくれた親にも感謝します。

また、今なお返していることで、借りた金額の大きさと、お金の大切さ、ありがたみを実感しています。

まだまだ返して行くことになりますが、お金を借りた時の思いを大切に、働いて返して行きたいと思います。

借りる時もあるので、そのときは仕方がないとおもう

私は、お金が足りないと思った時に、友人からお金を借りたことがあります。

しかし、その時にどうしても友人の場合は、その友人に甘えてしまって、期限通りに返すことができないことのありました。

そのことは全て自分が悪いと思っています。

しかし、もしもこの日までに確実に返すようにしなければいけないと言う切迫感があったら、そんな甘えを持つことができないと思っています。

そのため、友人に借りるよりも、キャッシング業者にお願いをシたほうがいいのではないかと思っています。