1. >
  2. 友達とのお金の貸し借りはしない、金の切れ目は縁の切れ目、計画性がないと危険、できる限りしたくない

友達とのお金の貸し借りはしない、金の切れ目は縁の切れ目、計画性がないと危険、できる限りしたくない

・2人の友人にお金を貸したことがありますが、返済されることはありませんでした。

貸す方として、催促するのはしんどかったです。

結局疎遠になりました。

それ以降、人にお金を貸すことはありません。

・趣味にお金をかけすぎて、数ヵ所の消費者金融でお金を借りたこと後あります。

かなり多額となり、自転車操業状態で、心身ともに病んだ時期がありました。

いくら返しても利息分のみで元金が減らないのです。

返せなくなって連絡せずに返済日を過ぎると電話がかかってくるのですが、それも恐怖でした。

誰にも相談できなかった私は、水商売をしながらなんとか返済していきましたが、あるきっかけで借金の事が親の知るところとなり、親の協力を得て一括返済をすることができました。

その後は親に少しずつ返済をしました。

この出来事以降、絶対にカードを作らないようにしています。

カードローンはこわいもので、キャッシング残り枠=自分のお金、と勘違いしてしまいます。

また、一括返済しなければ、利息がかさむだけでいつまでたっても返済できるものではありません。

人間はいつなんどき何が起こるかわかりません。

怪我ひとつで仕事ができなけれはお金が作れなく返済できません。

きちんと計画性を持てる人は、そもそも借金しないのかもしれません。

一生あんな思いは二度としたくないものです。

借りても返さない人がいるので、人間を見てしまう

私の義理の兄貴はギャンブル依存で人にお金を借り、また人にお金を借りて返しての繰り返しで生活をしていました。仕事もなかなか行かないし、人にお金を借りすぎて、それが普通になっていました。

あげくのはてには借りるところがなくなり、家のなかのものを盗んで売りに行き自分のお金にし、ギャンブルをしていました。借金の金額だけで、家が建てられるくらいの金額になっていました。

はやり、親が返していました。本当に借金は病気にもなるので、怖いと思います。

できるだけ借りたくはない

個人的には少額な程度のお金しか借りたことはありません。

しかし、知り合いが何使ったのかは不明ですが、借金で破産寸前にまでいったことがあります。

結局裁判所での話し合いで減額や返済方法を決めたようです。

この間、追い込まれての奥さんとの騒動や、子供の事、少々かかわったこともあってその悲惨さを目の当たりにしました。

あれから十年以上経ちますが、現在は落ち着いてきているようです。

亡くなった両親からも借金はするな、保証人にはなるなと何かある毎に言われましたが、改めて大きな借金の怖さを思い知らされます。

付き合いに悪影響が出る

父が「お金がないのならそれ(家や車など)を買ってはいけない」を口癖にしていた人なので、私もお金を借りてまで何かをしようとは思いません。

友人にお金を借りるのは、借りた方にも貸した方にも負担になってしまうと思うので、よほどのことがない限りするべきではないと思います。

かといって、高い金利を払ってまで金融業者の方からお金を借りるのも出来る限り避けるべきだと思います。

結局、父の考えが自分にも根付いてしまっているのかもしれません。