1. >
  2. いとしさと切なさとお金を借りる と

いとしさと切なさとお金を借りる と

 短期的にどうしてもお金が必要な時は便利だと思います。最近は一ヶ月利子無料のサービスを謳うところもあり上手に利用すればかなり便利です。しかもネットで簡単に申し込みできるので気軽にお金を借りることができます。給料日までの短い間、利用するなら問題は少ないと思います。

 ただあまり利用しすぎると借り入れが常習化しそうで怖いです。もともとは計画性をもった支出をするのが本来あるべき姿なので、いったん借りる癖をつけると衝動買いや無理な支出が常態化するのではないでしょうか。また将来の家や車など大事なローンを組む場合にも借り入れ履歴が影響を及ぼしそうで心配です。

 あくまで短期間に頻度の少ない利用が良いと思います。

なぜお金を借りる は生き残ることが出来たか

友人がよくキャッシングを利用していましたが、限度額まで借りてしまい困っていました。臨時の支払いがあったみたいなのですが、お金を借りることもできず悩んでいましたが結局どうしたのでしょうか。私もその友人から、借金の申し出がありましたが当然断りました。

手軽だからこその罠なのかなと思います。借金といえば聞こえは悪いけれど、キャッシングといえば立替のようなイメージで利用してしまう人が多いのかもしれません。その手軽さゆえ、後々困ることになるなんて私は嫌です。

それはただのお金を借りる さ

キャッシングはその人の人生を大きく狂わせます。

ファイナンシャルプランナーの資格を活かして仕事をしています。

家計診断などをさせて頂いておりますが、お金に困っている方はやはり収入と支出のバランスが非常に悪いです。

まずは、自分の収入をじっくりと見てそこから毎月計画的に必要経費を除けていく事が一番大切です。

この当たり前の事が出来ていないのでお金に困るのです。

お金は計画的に使えば必ず残ります。

キャッシングに頼ってしまうと、ズルズルと楽な考え、生活に走ってしまいます。

人間は楽な方へ行きたがる生き物です。

私もそうです。

キャッシングはしない方が絶対に良いです。

限度額いっぱいまで借りるとどうなるか想像できますか?

もう1社から借りれば良いと思う方もいるでしょうが、そうなれば泥沼にはまってしまいます。

個人が借りれる金額には限界があります。

減らない元本、高額な利息。

どうやって返済しますか?

親類に頼みますか?

それとも友人に頼りますか?

お金の相談をした時その方達がどんな顔をするか想像してみて下さい。

キャッシングをすると人生苦しくなる一方です。

まずは小さな事からコツコツと生活を見直す事がキャッシング回避に繋がると私は感じます。

お金を借りる でできるダイエット

キャッシングは普通の生活をしている人間にはあまり縁がないように思う。

今の学校でも公民の時間で、キャッシングの危険性については勉強するので、これからの需要は下がっていくように感じる。

でも、実際には、お金を必要とする人はたくさんいるので、なかなか無くならない商売だとも言える。

基本的に法律に適合した範囲で、一般市民に迷惑の掛からないように、営業して欲しい。

でも、銀行のローンなども通らず、本当にお金に困ったら、借りることになるのかなぁ。